国連連合などを勉強しました

勉強をしました。1945年2月には米・英・ソ3国首脳がヤルタ会談をおこない、戦後のドイツの分割管理や密約としてソ連の対日参戦などを決めました。ドイツは東西からせめられ、1945年5月にベルリンが占領されて無条件降伏をしました。7月になると連合国の首脳はポツダム会談をおこないました。アメリカのトルーマン、イギリスのチャーチル、ソ連のスターリンが会談をおこない、のちに中国の蒋介石の同意をえてポツダム宣言を発表しました。1941年にローズヴェルトとチャーチルの米英両首脳は、大西洋憲章を発表して戦後の構想を明らかにしました。連合国は1945年4~6月のサンフランシスコ会議で、大西洋憲章をもとにした国際連合憲章を採択しました。国際連合は10月に発足し国際連盟の失敗を考え、平和の維持を目的に安全保障理事会の権限を強化し、非常時には国連軍を組織して武力介入できるようにしました。この理事会では米・英・フランス・ソ連・中国の五大国を常任理事国とし、決議にあたっては全会一致を原則とし、同時に拒否権の行使が認められました。http://www.usabda-norcal.org/

国連連合などを勉強しました